ま~るいかんぱにー

富田林市

豊かな石川の土壌で栽培されたブルーベリー。

ご主人が栽培、奥様がジャムに加工。二人三脚でまーるいかんぱにー。

富田林市西板持にある山本農家さんの3代目にあたる山本真佐人さん。代々つづく農家を継ぎ、なすやきゅうりを栽培しながら、新たにブルーベリー栽培に挑戦されてます。今現在、12種類の低木を栽培し、どの種類が一番この土壌にあってるか至高錯誤しながら栽培中、いまのところ「パウダーブルー」と言う可愛い名前のブルーベリーが一番あってるそうです。栽培を真佐人さんが担当され、ジャムなどの加工品は奥様のるいさんが担当。お二人の名前をあわせて「MA-RUI COMPANY」とされたそうです。真佐人さんは、エビイモ造りにも力を入れています。本来、エビイモは富田林の名産品だったそうです。石川の土壌がエビイモにはあってるそうで、食べた人は必ずリピーターになるとか!阪神百貨店にも、山本農家さんの、なす・きゅうり・板持エビイモは販売されてるそうです。若いお二人が試行錯誤しながら、伝統を継いでいく。お話を聞けば聞くほど、応援したくなります。皆様、一緒に応援しましょう!

まぁるいかんぱにーさんのブルーベリー

もぎたてブルーベリープリプリの実はかむとジュースがパンと弾け飛びます。冷凍のブルーベリーとは全然違います。

星型のくぼみが、だんだんなくなると食べ頃なのだそうです。これはこれで可愛いですよね。

たわわに実ったブルーベリー。種類によって味も実のつきかたも違うのは驚きました。

【左】ブルーベリージャム 【右】きゅうりのピクルス加工・包装は奥様が担当されています。完全予約販売で最近では引き出物などで喜ばれています。

店舗紹介

住所
富田林市西板持町6丁目7の26
電話番号
090-8570-5960
facebookはこちら

一覧へ戻る...