河端ファーム

河内長野市

大阪エコ農産物の認証を受け、安全な野菜作りを心がけています。

「なにわの伝統野菜」の栽培も取り組んでいます。

河内長野市の自然豊かな土壌で「なにわの伝統野菜」や「大阪エコ農産物」の栽培に取り組んでいるのが『kawabata Farm』の河端訓史さん。農業大学でエコ農産物を学ばれ大阪府知事より認証を受け、安全な野菜作りを心がけています。 「大阪エコ農産物」とは大阪府内の標準的な農薬の使用回数、化学肥料(チッソ・リン酸)の使用量の5割以下で生産された農産物です。なにわの伝統野菜である“鳥飼茄子・毛馬胡瓜・田辺大根・天王寺蕪”などの栽培に挑戦されています。また堆肥にもこだわりがあります。化学肥料をはじめ、科学的なものは一切使用せず、天然植物原料のみで発酵菌による進めている茶葉・コーヒー粕堆肥、国内酸の広葉樹の樹皮を細かく粉砕し、リグニン分解酵素と腐食土壌菌によって十分に発酵させた腐植堆肥のバーク堆肥の2種類を使用しています。若い河端さんが試行錯誤しながら農業に取り組んでおられます。応援せずにはいられないですよね!

ビニールハウス内トマトがいっぱい

You Tubeにて公開してます。

店舗紹介

住所
大阪府河内長野市日野

一覧へ戻る...